ベガはイヅミの双子の妹?

『ベガ』は私の娘たちの中で、一番早い期間で完成しました。
2000年の秋ごろ放送が始まったテレビ東京の『GEAR戦士(ギアファイター)・電童』。
『ベガ』が完成したのが「冬コミケ」直前だったので、まさに放送期間の真っ最中!
そのキャラのアニメが放送している内に「着ぐるみ」が出来たのは、『ベガ』が始めて!(^^;)

なぜこんなに早く出来たかというと、『ベガ』は、『ドールイヅミ』の面の複製
(というか、同じ型から取った面)を基に作ったからなんです。
この、もう一つのFRPの面も、ヤスリ掛け・パテ盛り、といった表面処理は終わっていたので、
あとは何のキャラにしようかな〜、という状態だったわけです。

『GEAR戦士・電童』を見ていて、「この『ベガ』って、味のあるキャラだなぁ」と思い始め、
10月になって、「よし、『ベガ』を作ろう!」と思いたったのでした。
だから『ベガ』は、制作から完成まで2ヶ月しかかかっていないってことですね。(すご〜い!^0^)
もっとも、衣装も作るはずだったんですけど、「冬コミケ」に出たいがために時間短縮ということで、
「ジャケット」「ベレー帽」は自作ですが、黒いレオタードは「チャコット」というお店で購入し、
ブーツに至っては、『ドールイヅミ』の使いまわしという情けなさになってしまいました。
でも、ドライバー手袋はコスプレの人たちと違い、ちゃ〜んと青いもんね〜〜♪
『ベガ』はうちの娘の中で唯一、目がアクリルに描いたものではなく、面にじかに描いています。
目の形をくり抜いて裏からアクリルに描いた目を付けるという、いつもの制作法と違うのは、
これも制作時間短縮のためです。まぁ、『ベガ』の場合、白いマスクを付けているので気がつく人は
まずいないだろうと思いまして・・・。(実際のところ、誰も気にもとめてないし。^^;)

私はお裁縫が苦手なので、『ドールイヅミ』にしても『ベガ』にしても、ジャケットは2回作っています。
(1回目はサイズが合わなかったり、失敗したりと、もう散々。*o*)

制作途中のままになっている『ベルダンディ』も実は同じ型から2個のFRPを抜きました。
一つは「開いている口」で、もう一つは「閉じている口」というタイプにしました
う〜ん、でもこれもいつ制作の続きが始まるのやら・・・・



「うらばなし」にもどる