アニメキャラの髪の毛

アニメキャラの「着ぐるみ」を作るうえで、何が大変かというと、まず何と言っても『似せること』! 
私はいまだに「やったーっ!完璧!」と思える作品を作れません。(ToT)
似せようと悪戦苦闘はしているのですが、まだまだ未熟ゆえ、修行中です。

さて、もう一つの問題は「髪の毛」です。
アニメキャラが個性的であればあるほど、髪形もかつらを流用、というわけにはいかなくなります。
(例えば『名探偵コナン』の「毛利蘭」ちゃんをコスプレでやる人ってあまりいないでしょ?)
『神崎あかり』を作った時も、いざ髪の毛を作る段になってから、
「あぁ〜っ!どうやって作ればいいの?!」とわめいたものでした。(^^;)
結局「スタッフ」(『神崎あかりはセーラームーン?』を見てね)を使い、木工用ボンドを
水で薄めたもので固め、あとでチョキチョキとハサミで髪形を作っていく、という制作方法で
何とかアニメの絵に似たカタチになりました。
このやり方は今も同じです。『シャオリン』『ドールイヅミ』『ベガ』、みんな一緒です。

『シャオリン』を作った時も、あの「触覚のような」(^^;)髪をどうしようかと、後になってから気付き、
(う〜ん、はっきりいって、私ってば先のこと全然考えてない・・・・)
考えたあげく、太めの針金を使い、そこに染めたスタッフを貼り付け、それを面に刺して固定する、
というやり方に落ち着きました。(やれやれ・・・)

『ドールイヅミ』は後ろに束ねた髪は別パーツで、中には発砲スチロールが入っています。
それを面に貼り付け、ピンクの布で巻いてあるのですが、貼り付ける位置がちょっと前すぎました。
もっと後頭部でよかったのに。でもいまさらやり直すのもねぇ・・・・。
束ねた髪は「みつあみ」にしました。アニメでは髪を束ねてたらしていますが、それではバサバサに
なってしまうので、勝手に「みつあみ」にしちゃったわけです。

『よっきゅん』は「スタッフ」ではなく、「毛糸」を使っています。
あの子は、私が自発的に作った子ではなく、人に頼まれて制作したものです。
「毛糸」を使ったのは、『子どもが触った時ふわっとした感じのほうがいい』と言うのでそうなりました。
髪形は根本的にほかのキャラと同じやり方で、木工用ボンドを水で薄めたもので固め、ハサミで形を
整えるという手法を使っています。
あの「わっか」は発砲スチロールのリング状のものに毛糸をグルグル巻きつけたものですし、
左右の髪は『イヅミ』同様中にスチロールが入っています。

『ベガ』の髪の毛もやはり「スタッフ」を染めたものです。
『シャオリン』は後ろの髪は、ただ「流してあるだけ」ですが、やはりバサバサになってしまうので、
『ベガ』の後ろ髪は黄色の布に「スタッフ」を貼ってあります。
だから風になびく時は全部一緒にバサ〜っと・・・。(^^;)
「もみあげ(?)」の髪の部分は、『ドールイヅミ』が一番細く、『ベガ』が一番太くなっています。
(『イヅミ』ももう少しボリュームを付けたほうがいいかなぁ?)


back
「うらばなし」にもどる